北欧、器、旅好き♡スウェーデン&フィンランドレポ中です。来週からはソウルへ(*^▽^*)ノ゛

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント(-)| トラックバック(-) | Category:スポンサー広告
[ --/--/-- --:-- ]

【紅葉のソウル母子旅 7】チャングム~の昌徳宮♪ 


korea2009_39.jpg


ソウル旅6の続きです。(INDEXはこちら→


3日目。

朝早く出発して、コチラに来ました。

韓国の五大古宮の中で唯一ユネスコの世界文化遺産に選定されている、昌徳宮です。(←コネストへ)


私が行った2009年は景観保護の為入場を制限していて、ガイド付きじゃないと入れませんでした。

時間も決められているのですごい並ぶ。とガイドに書いてあり、、
その中でも午前中は比較的マシみたいなので
頑張って早起きして行ったはずなんだけど・・・すでにすごい人人人~~Σ(゜◇゜ノ)ノ


どれぐらいすごいかというと・・・



korea2009_40.jpg



写真に入りきりませーーーん(笑)

しかし現在は(2010年5月~)自由観覧が可能になり、料金体系なども変わったみたい。
料金等はこちら→

妹はチャングムにはまっていたらしく、ここは絶対行きたいと言ってるので(ロケ地らしいです。←知らなかったww)
また並んで団体行動か・・・ってちょっと憂鬱だったけど、自由観覧が出来るならいいかも♪

今回で2度目だけど・・・仕方なく付き合うかー( ̄∀ ̄*)


ということで、こちらも思い出日記になりますが、良かったら読んで下さいね(*^▽^*)ノ゛


ranking25.jpg



↓追記:昌徳宮


korea2009_41.jpg



まずは中に入って木の下で集合。日本語が堪能なガイドさんがやってきて、大人数で移動します。
母はこのガイド付きが良かったみたいで、ガイドさんからずーっと離れません(笑)
私は写真が撮りたいのでカメラ班。
その為、説明は一切聞いてないです( ̄∀ ̄;)ゞ

こちらは、仁政殿。
すごーーーーく広いとこだけど、説明を聞いてないので、ここが何なのかは分かりません(笑)



korea2009_42.jpg



ガイドさん一行は説明が終わると、どんどん先へ進んでしまうの。ゆっくり写真なんて撮れません。

もちろん母も我先に!とズンズン進んでいくので、
撮ってもらう。撮ってあげる。すらできない。。。(-∀- ;)


でもみんな団体行動してるので、団体がいなくなれば人はいないってこと。

ちょっと離れて待てば次の団体が来ない限り、人がいない写真を撮れます。

これはすごく良かったかも!!



korea2009_43.jpg



全く説明を聞いてない私ですが、唯一覚えてるのがココ。

現存する宮殿の中で唯一の青い瓦屋根をもつ建物で、この青い瓦が珍しく貴重なんだってー。


korea2009_44.jpg



ここまで来て、やっと自由時間をもらえました。

こちらも紅葉が素晴らしかった!

INDEXに使った写真がここ。

私のコンデジではこれが限界なんだけど、実際はもっとキレイなんです。

オレンジとキイロ、足元には落ち葉がいっぱい。
ふかふかして気持ちいい~。


korea2009_45.jpg


こちらは芙蓉池。

ここがチャングムの誓いの場所です。

みんな写真を撮っていたので、私たちもこちらで撮ってもらいました。やっと記念写真撮れた(笑)



korea2009_46.jpg



時間になったので、ガイドさんのところへ。
はじめすごい人数だったのに、なんか減った気がするけど(笑)

人数を数えてるわけではないので、全員集合してなくても時間になったら出発です!

奥に見える階段をひたすら昇る(これが意外とキツイー)

そして最後に、


korea2009_47.jpg


これは何に見えますか?


と聞かれます。


妹にもネタバレになっちゃうので・・・答えは言いませんけど(爆)

今年も行く予定なので、帰ってきたら答え書きますね(*^▽^*)ノ゛


以上、何にも役に立たない昌徳宮レポでした~~


ranking25.jpg
↑見えたーー!のポチっ(笑)



korea2009_memo3.jpg


昌徳宮
(コネスト→ 料金・時間等→

■住所:ソウル市 鍾路区(チョンノグ) 臥龍洞(ワリョンドン) 1
 서울시 종로구 와룡동1
■電話番号:02-762-8261
■休日:月曜日(ただし祝日と重なった場合は開館)
地下鉄3号線 安国(アングッ、Anguk)駅3番出口徒歩5分



この後はランチへ向かいまーすε=ε=ε=ヽ(*´▽`)ノ

ソウル旅8へ


関連記事
スポンサーサイト
コメントを書く












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。